3月, 2019年

【HACCP(ハサップ)】について② ~「HACCP」ってなに?~

2019-03-19

今後は一般の飲食店でも、国際標準の食品衛生管理(HACCP)が求められるようになります。

■「HACCP(ハサップ)」の定義
「HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握した上で、
原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、
それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、
製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法のこと。」(厚生労働省HPより)

これを読んでもちょっと、何を言っているのかわからない…。
もう少し簡単に説明すると、
「自分の店で、食中毒の原因となりそうなところを見つけて、そこをしっかりと管理する。」
ということです。

【HACCP(ハサップ)】について① ~「食品衛生法」が改正されました!~

2019-03-11

2018年6月に「食品衛生法」が改正されました。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催にむけて、今後は一般の飲食店でも、国際標準の食品衛生管理が求められるようになります。

「HACCP(ハサップ)ってなんのこと?」「面倒な手続きが増えるの?」とお考えの方も多いことでしょう。
ここでは、簡単に「HACCP」の意味についてご説明します。

■HACCPとは…、
「H」Hazard (ハザード) …………「危険」
「A」Analysis(アナリシス) ………「分析」
「C」Critical(クリティカル) ……「重要な」
「C」Control(コントロール) ……「管理」
「P」Point(ポイント )……………「点」

という安全な食品を作成するためのシステムです。
もともとは、NASAで宇宙食のために開発されました。


Copyright(c) 2010 - 2019 WS Design Space All Rights Reserved.